グレーゾーン金利はなくなった

利息の上限金利は、利息制限法によって決まっています。しかし、ヤミ金業者を除いたとしても、この法律の金利を守っている企業はほとんどありません。
世間一般に知られている大企業の貸出金利でさえも、非常に高いものとなっています。

 

 

平成18年には、グレーゾーン金利の廃止が決定しました。平成19年12月19日から2年半以内に、貸金業規制法からグレーゾーン金利はなくなることが決まっています。まだ廃止までには若干の時間があります。しかし、実際はグレーゾーン金利を正当化するみなし弁済は認められなくなっています。

 

利息制限法を扱った判例では、みなし弁済を認める条件がかなり厳格化されています。そのために条件が揃わないため、みなし弁済が認められないのです。

 

 

そうは言っても、ほとんどの貸主が現在でも利息制限法の上限金利を超えています。これはクレジットカードの金利でもそうです。銀行系・信販系・流通系・消費者金融系など色々ありますが、全てのクレジットカードが利息制限法の上限金利を超えています

 

キャッシングについて調べてみると、次のようになります。

 

 ・銀行系    … 12%〜24%
 ・信販系    … 18%〜28.8%
 ・IT系     …  7%〜27.6%、
 ・流通系    … 18%〜24%
 ・メーカー系  … 15%〜26.28%
 ・石油系    … 25%前後
 ・消費者金融系 … 7.7%〜27.375%

 

このようにその資本系列によって、かなりの差があります。