過払い分のお金を返してもらうのには

もし、あなたが借金をしている業者の金利が、利息制限法の上限金利を超えていたとしましょう。そしてすでに過払いが発生していたとします。その場合、過払い分のお金を返してもらうのにはどのようにしたらよいのでしょうか。

 

個人的に企業と交渉する方法もあります。しかし、多くは言い含められてしまうことでしょう。ですから、そういう時は専門知識のあるプロに任せる方がいいでしょう。

 

そのためには、まず自分が過払い請求できる条件に当てはまるか否かを診断する必要があります。法律事務所に足を運んで相談をすることもできます。
また、現在ではインターネットで簡単に相談することもできます。法律事務所には相談し難いと思っている人には、丁度良い方法でしょう。

定められた金利に10%近くの開きが

インターネットには、自分の借金が過払いになっているかどうか計算してくれるサイトがあります。ただし、大体が有料です。しかし、自分が過払い請求ができるかどうか分かる方が、知らないまま過ごすよりも自分のためになるはずです。

 

現在は、利息制限法によって守られるべき、借り手側の権利が守られていないのが現状です。企業は利息制限法と出資法の矛盾をうまく利用して、借り手側に高金利を課しているのです。

 

利息制限法と出資法では、定められた金利に10%近くの開きがあります。そのため、長期返済をしている人の方が過払い金が多くなります。一度、インターネットで確認してみてはいかがでしょうか。