利息制限法と出資法

貸金業者からお金を借りる時に決められている金利の多くは、利息制限法によって定められている上限金利を超えています。なぜなら、そのほとんどが「利息制限法」ではなく、「出資法」に定められている上限金利の方を適用しているからです。

 

これは、利息制限法に罰則規定がないのが原因です。そのため、ほとんどの消費者金融業者は利息制限法を守っていないのが実情なのです。

上限金利である29.2%で貸し出し

ほとんどの消費者金融は、利息制限法の上限金利の20%を大きく超えた出資法の上限金利である29.2%で貸し出を行っています。この20%から29.2%までの金利を「グレーゾーン金利」と呼びます。

 

大きな問題として国会などでも取上げられていますから、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 

さらに法律違反を承知で、出資法の金利さえも超えた高金利で貸し出しを行っている業者もあります。これをヤミ金業者と言います。

返還請求や元本返済

利息制限法によって定められた上限金利を超えた分については、返還請求や元本返済に充当させるなどの措置をとることができます。

 

これはヤミ金融業者に限らず、信販会社やサラ金、TVCMなどを流している銀行系のカード会社でも同様です。利息制限法によって定められた上限金利を超えた分については、この措置をとることができるのです。

 

まずは弁護士や司法書士などの専門家と相談をして、しっかりとした対処をすることをお勧めします。そうして計算し直してみると、もう支払いを終えていることもありえます。

 

また、払いすぎたお金を取り戻せる場合もあります。過払い請求については、対応してくれる機関もありますので、一度相談してみてはいかがでしょう。