返還請求にも壁が

「利息制限法」に違反している契約で、お金を借りている人が数多くいます。なぜなら、ほとんどの消費者金融業者が利息制限法に違反しているからです。

 

なぜ多くの消費者金融が利息制限法に違反しているのでしょう。それは利息制限法に罰則規定が定められていないことが原因といえます。

 

支払い過ぎていた金利を「過払い金利」といいます。支払い過ぎたわけですから、これを返してもらうことは借り手側の当然の権利といえるでしょう。
しかし、過払い金利の返還請求にも壁があります。それは「時効」です。

完済した契約の過払い

法律違反によって過払いをしてしまった分を返してもらうことに時効があるの?と腹を立てる人もいるでしょう。残念ながらあるのです。しかし、この時効は今現在、支払いを続けている契約については関係ありません。

 

関係あるのは、完済した契約の過払いです。過払い金の請求は完済してから10年の間は請求できます。その間に請求をしなければなりません。

 

つまり、10年で時効になってしまうということなのです。

10年経ってなければ過払い請求できる

この10年の起点日は契約書上の最終支払日ではありません。繰り上げで完済した場合などは、その日から10年と言うことになります。

 

逆に言えば、支払いの終わった借金の契約書に、利息制限法を超えた金利が明記されていて、10年経っていなければ過払い請求ができるということです。

 

もし、契約書が残っていたら、利息制限法に違反していないか確かめてみてはいかがでしょうか。金利が利息制限法の上限利息を違反していた場合は、専門家に相談したら、払い過ぎた金利が取り戻せるかもしれません。