借金の利息計算は判りにくい

借金返済時の金利は知らないうちに、利息制限法の上限金利を超えて支払わされている場合がほとんどです。それは消費者金融からの借金の利息計算は判りにくく、大変面倒なものだからです。

 

金融業者の多くは「出資法」での上限金利29.2%に近い金利で貸出を行っています。それに比べて「利息制限法」で決められている金利を守っている消費者金融はほとんどありません。

 

TVCMを流している有名な企業でも、同じような状態で貸し出しが行われています。これはやはり、利息制限法に罰則規定がないためと言っていいでしょう。

 

そのため「グレーゾーン金利」と呼ばれる金利での貸し出しが、横行しているのです。出資法の上限金利すら超える悪徳業者は当然ですが、グレーゾーン金利で営業している業者にも、利息制限法に則した金利での支払いに変更してもらうべきです。

無料計算ソフト

このときに役立つのが、簡単に利息制限法に準じた利息計算をしてくれる無料計算ソフトでしょう。この無料計算ソフトは、インターネットを通じて、パソコンにダウンロードすることができます。

 

そして、このソフトには過払い金の計算も同時に行う機能がついています。また、過払い金返還訴訟を起こす際に必要な、書類作成もできる機能があります。

 

実際は訴状は専門家に任せるにしても、過払い金の返還請求をするまでの資料作りには、このソフトは重宝します。また、過払いをしてしまった金額を元本返済に充てたときの計算もできます。返済計画を作る際にきっと役立つでしょう。