金融業者3社から借入をしていたケース

実際に、過払い金が発生したケースを数例紹介したいと思います。自分自身と照らし合わせ、過払い金請求が出来るかどうか判断してみてはどうでしょうか。

 

まずはじめのモデルケースとして、Aさんの場合を見てみましょう。

 

Aさんは10年程、金融業者3社から借入をして、返済を続けていました。そんな折に、過払い金のことを知り手続きを行ったところ、過払い金の返還ができたのです。

 

Aさんの場合、3社各社に残債金が約50万円、総額にして150万円の返済が残っていました。しかし、弁護士に過払い金請求手続きを依頼したところ、過払い金が発生していることが判明したのです。

 

過払い金の総額は200万円以上にもなっていたそうです。

完済していても請求可能な場合

いたまた、完済していても請求可能な場合があります。

 

Bさんは長期にわたり借りていた借金を全て返済しました。過払い金があるのではと、過払い金請求手続きを行ったそうです。すると、過払い金がなんと300万円もあることが判明し、返還されたそうです。

 

 

このような事例は結構あるようです。しかし、過払い金が発生しているかどうかは、個々のケースで違いがあります。

 

そのため、一概に長期で借りていたから、借入金額が大きいからと言っても、必ずしも過払い金請求が出来るとは限りません。

 

その上、取引履歴開示すら行わない業者もあったりしますから、過払い金請求がスムーズに行かないことも多いようです。弁護士や司法書士などとも相談し、過払い金請求は納得できる手続きを行ってください。