多重債務者が支払う金利

サラ金や信販会社などから借金をしている人の中には、多重債務者と呼ばれる方がいます。1社だけでなく幾つもの消費者金融業者から借り入れをしている人のことです。

 

しかも、このときの消費者金融は利息制限法の上限金利を守られていない場合がほとんどです。そのため、多重債務者が支払う金利は膨大な金額になります。

 

支払期間が長ければ長いほど、多額の利息を支払っています。利息制限法を守っていないのは信販会社・サラ金だけではありません。TVCMなどを流している銀行系のカード会社も同じです。

 

大手銀行の名が出ているので安心してしまいがちですが、信販会社・サラ金同様に高金利で貸し出しをしています。どのカード会社も利息制限法に違反しているのです。

負のスパイラル

多くの多重債務者はこのような利息制限法を無視した会社から、高利で借り入れをしているのです。そして、その支払いが滞るとほかのサラ金から新たな借金をするという「負のスパイラル」に入っているのです。

 

このような多重債務者の多くが自己破産を選択しているは、すでに周知の事実でしょう。しかし、その前に一度、過払い請求を考えてみてはいかがでしょう。多重債務者の多くに過払い請求をすることで、借金生活から解放されるケースがみられます。

 

支払期間が長ければ長いほど、金利を多く支払っています。そのため、元金返済に充ててもなお過払い金が余って、手元に戻ってくるケースも多くあるのです。