ほとんどが出資法の上限利率

過払い金のトラブルは他のトラブルよりも多く発生し、裁判も頻繁に行われているようです。つまり、過払い金は借金トラブルの元とも言えるのです。
ここでは、過払い金がどのように発生するするのか、その仕組みを見てみたいと思います。

 

過払い金が発生するか否かの大きなポイントは「利率」でしょう。消費者金融が設定している利率は、そのほとんどが出資法の上限利率を採用しています。

 

そのため、出資法の上限利率である29.2%に近い利率になっていることが多いようです。中には、特定の条件を課して10%台の利率のところもあります。

早く借入金を得たいという消費者のニーズがあります。それに答える為に、借主の審査の基準を下げて審査期間を短くしたのが消費者金融です。そのため、貸し倒れを警戒して利率が高くなることが多いのです。

 

その結果として、出資法の上限利率ギリギリの利率が設定されることが多いのです。闇金融に至っては、それ出資法の上限利率を超えた利率を設けている悪質な業者がほとんどでしょう。

利息制限法には刑罰が課せられていない

また、過払い金が発生するのは理由として、貸金業者が利息制限法の上限利率を守らないという点があげられます。これは、刑事罰のある出資法とは違い、利息制限法には刑罰が課せられていないからでしょう。
過払い金が発生するのも、これが原因といえます。

 

処罰がなければ、ギリギリまで利率を上げようとする業者もいるのです。自分でもチェックし、計画的に返済をしていくことがどれだけ大切かが分かるでしょう。