過払い金請求の対象

利息制限法を超えた利息が設定されている場合、過払い金請求を行うことができます。しかし、これは金利が高い金融業者での借り入れに限定されます。例えば、サラ金や信販会社によるローンなどがそうです。

 

また、利息制限法の上限金利を守っていない場合も過払い金請求の対象になります。

 

過払い金の請求が認められて、それが元本返済に充てることができる場合があります。そして、それによって借入そのものがなくなってしまう嬉しいケースも多くあります。

 

利息制限法に違反している利息は支払う義務はないのです。過払い金請求を行うことは、当然の権利なのです。

 

しかし、メリットばかりではありません。過払い金請求をすることによるデメリットもあります。そのことはしっかりと知っておかなければなりません。

ブラックリストに登録さ

過払い金請求を行った場合のデメリットは、返済期間に「事故」を起こしてしまったとみなされしまうことです。そしてそのために、信用情報センターなどでブラックリストの対象者として登録されてしまいます。

 

このため元本返済に充てた後でも、支払残金がある人はこのブラックリストに登録されてしまいます。利息制限法に違反していたのは業者の方で、理不尽だと感じますがこれが現状です。

 

ブラックリストに載ると5年から7年はこの状態が続きます。そして、この間には新たな借り入れができなくなってしまいます。しかし、ローン完済後に過払い金請求を行った場合は、ほとんどの場合ブラックリストに載ることはありません。

 

また、多額の借金を抱えている人はブラックリストに載っても、過払い金請求を行って借金を清算した方が良いとも考えられます。小額の借金の方は、完済後に過払い金請求を行った方が得策といえるでしょう。